風の谷ファームへようこそ

千葉県いすみ市にある自然農の風の谷ファームからのお知らせ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

稲の生長  

冬の田んぼの工事の後、同じように耕耘し、同じように田植えをしたのですが、ごらんのように、成長に違いが出てきました。左側が薄い色です。成長もよくありません。土がやせているのでしょう。ここは、以前は、我が家のたんぼではありませんでした。そこの上の方の土をはいで平らにしたのです。
右側は、我が家の田んぼ・畑だったところ。
HP用 0727 たんぼ+009_convert_20120727203249

この写真の真ん中の濃い色のところは、元水路。生き物がたくさんいました。
HP用 0727 たんぼ+008_convert_20120727202210

生き物がたくさんいると言うことがどんなに土を豊かにすることか・・・

そこで、この薄いあたり一帯に、微生物繁殖促進のためにEMと乳酸菌を散布しました。結果はまたお知らせします。
スポンサーサイト

category: たんぼのこと・はたけのこと

tb: 0   cm: 0

田植えから1ヶ月  

 田植えから1ヶ月たちました。元気でしょ!
HP用 0711 たんぼ1

 今日は、大豆と小豆の畑作り。昨日つれがトラクターをかけて、今日は、鍬で畝たて。汗びっしょりで、あちこちの筋肉は乳酸過剰生産状態・・・でも、ちょっと顔を上げて、景色を見渡したら、山の緑、竹の緑、たんぼの緑、畦の緑と、全部ちがう緑と、真っ青な空に白い雲が浮かんで(月並みなんだけれど)我が家の赤い屋根が見えて、ちょっと涙出そうなくらい、素敵だった。これは、写真では伝えられないので、写さなかった。元気出てきて、また鍬仕事!
きっと、今夜もBeerが美味い!!

category: たんぼのこと・はたけのこと

tb: 0   cm: 0

大豆  

 師匠に教わった大豆の多収穫の作り方。
 まず、本葉が出始めたら
0707 大豆
この芽をつまみとり、主根を切る!それを、また培土に植える。
0707 大豆めきり
すると、つまみとった芽の脇から二本の新芽が出て、
0707 大豆しんめ
なんと、新しく根も張ってくる。その二本の本葉がしっかりYの字のように伸びたら、畑に移植。
花が咲いたら、たっぷり水と窒素分(私はコメヌカボカシを使ったり、何もしなかったりといいかげんだから、あまり収量が増えているようには感じられないのですみません・・・)を入れる。
この方法は、作物の自然の育ちをかなりいじってはいるけれど、師匠がこういう方法を見つけ出すというのもすごいが、芽や根を切られてもまた作物が育つ力というのもやっぱりすごい!

でも、雨が続いて畑がぐしょぐしょ。鍬で畝をたてるのも、土が重い・・・

category: たんぼのこと・はたけのこと

tb: 0   cm: 0

ごぶさたです  

 しっかりごぶさたしてしまいました。
カメラが行方不明で。そうしたら、なんと、古家の軒下で、何週間も雨に打たれてぶらさがっていました。でも作動したのです。
 で、カメラがじっとしている間に、たんぼの苗は、だいぶ元気になり
0702たんぼ

にんじん畑は、草にも負けず
0702にんじん

そして大豆も芽を出しました。来週は大豆の移植。2000個くらい植えることになるのかな・・・
0702大豆

category: たんぼのこと・はたけのこと

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。